ポッさんの読書散歩

読書はきっかけ。そして動きだす。日常とつながる読書日記。ときどき雑記。

安定化装置としての読書。《世につまらない本はない/養老孟司、池田清彦、吉岡忍》

ども。ポッさんです。


読書する人。しない人。どちらが良いなんてことはないけれど、偏った考え方にならない為にも、読書は効果的だと思う。

自分とは異なる考え方を知ることが出来る。

でも、本の中で、自分の考えを的確な言葉で表現されていたりすると、ほっ、と安心もする。


自分は読書に何を求めているんだろうか。


人によって、読書に求めているものは違うのかもしれないけれど、自分を否定されようが肯定されようが、やはり書いている人と自分は違う。

だとすれば、そこから、何かしら得るものがあるはずだし、考えるきっかけになり得ると思う。

つまらない本などない。


ただし、読んでばかりいると自分を見失う。

身体の動きも鈍る。

やはり、ほどほどに読書するのがいいのかな。


知行合一。


と、今の自分に言い聞かす。

身体を動かすことと、本を読むこと。

どうもこのバランスが取れていないと調子がわるい。

今回読んだ本の中の、『安定化装置としての読書』という言葉で、それに気づく。

読んだ本はこれ。

引用とポッさんメモ。

本を読むということは、社会の安定化装置の一種なのです。頭を冷やすのに一番いい。


「社会の」と書かれているけれども、「自分の」と置き換えてみたら、はっとした。

逆もまた真なり。読まないということも、安定化するのに必要なんだ。と気づいた。

というか、思い出した。忘れていただけだ。

読んでばかりいないで、動かなければ。

知行は循環する。いや、させなければならない。

これは忘れてはいけない。


でも人間は忘れる。自分は特に忘れっぽい。このこともきっと、また忘れる。そして、また別の本を読んでいるときにでも、思い出すんだ。


それじゃだめか。いやそれでいいのかもしれない。


そう思うことにしてとりあえず先へ進む。