ポッさんの読書散歩

読書はきっかけ。そして動きだす。日常とつながる読書日記。ときどき雑記。

『追想五断章』米澤穂信【ミステリー小説】リドルストーリー。


今日も、いつものようにお風呂に浸かりながら、読書をしていた。読んでいたその本は、米澤穂信さんの『追想五断章』。少しのめり込み過ぎたようで、軽くのぼせてしまった。

つまり、この小説は、それほどに面白かったということだ。


湯温が、普段より少しだけ高かったという事実が、本当は主な理由になったということは、あまり大きな声では言わないでおく。

リドルストーリー


さて。みなさまはご存知だろうか。

「リドルストーリー」という言葉を。

特にミステリー好きの人は、もちろん。といったところだろうけど、僕は知らなかった。なんの難しいことはないのだけど。

リドルは「謎」。つまり謎物語ということ。

謎は謎のまま。読者に結末を委ねる。そんな物語のことを、リドルストーリーと言うらしい。

ひとつ勉強になった。

まあ、この世の中は、ほぼリドルストーリーで出来ているのではないか、とも思うけども。

僕にも、結末を曖昧にしたままの物語が一つや二つある。誰に委ねるということでもないが。というか、僕の知らないところで結末を迎えているのだから、何も知り得ないというのが正しいのかな。

まず自分のことは置いておこう。笑

大人なミステリー


この、米澤穂信さんの『追想五断章』という小説は、ある男が書いた5つのリドルストーリーを探し、過去に起こったある事件の結末を知ろうとする女性、そしてその手助けをする、ある男性の物語。

ある。が多い。笑

ある男は女性の父親で、ある男性は古本屋を営む叔父のもとで居候している青年。

その古本屋に、最初の一編が見つかる。そこから物語は連なっていく。

なんだか、大人なミステリーだった。

米澤穂信さんの小説は、読んだ中で言えば『氷菓』などの古典部シリーズだったり、『ボトルネック』だったり、青春小説とも言える作品が多いような印象が強かった。

多いというか、そういうものが得意なのかなという印象か。

まあ、色々読んでいるうちに、なんでも書ける人なのではないかと思い始めているけども。

今回の『追想五断章』も、米澤穂信さんの小説特有の儚さや灰色感は存在しつつも、また違う魅力があった。

ミステリー初心者な僕は、いわゆるその定石だのなんだのは分からないけど、この人のアイデアはいつも面白いなと思う。

説得力に欠けるけども。笑

というか、いつも小説の中にいくつも、実際に存在するミステリー小説の作家さんの名前や、そのタイトルなどが出てくるのだけど、それが分からないのが悔しい。

知っていたら、もっと楽しめるはずなのに。などと思う。偶に知っている小説が出てくると、素直に嬉しい。勉強したくなるよね。

米澤穂信さんの次はあるか


まあまず、米澤穂信全作読破。これをしっかり達成してから考えることにしよう。

少し目移りしかけていたところだったけど、今回の『追想五断章』で引き戻されたような気がする。これは良かった。

飽きっぽい僕も、ここまで続けてくれば、なんだか辞めづらいのも事実。笑

何かに依存したり、深くハマったりすることがあまりない僕にとって、こうやって同じ作家さんの小説を読み続けるという行為は新鮮だ。

そして、思いの外、良いものだなと思い始めている。

もしかしたら、米澤穂信さんの次もあるかも知れない。

ただ、急に飽きるのが僕の癖であるというところが怖い。ふと気づいたら、アレだけ楽しんでやっていたのに、もう忘れているということがままある。

そこら辺には十分に気をつけながら、引き続き、読み進めていこうと思う。

まあね。内緒でちょっとだけ、違う小説も読んだりもしてるんだけど。別に誰に咎められるわけでもなし。

結末は読者には委ねないぞ。自分で決めるのだ。



米澤穂信さんの小説オススメ↓

www.digbooklog.com

www.digbooklog.com

www.digbooklog.com