ポッさんの読書散歩

読書はきっかけ。そして動きだす。日常とつながる読書日記。ときどき雑記。

お金と時間の使い方。《お金が貯まる人はなぜ時間の使い方がうまいのか/田口智隆》


ども、digbookです。


お金と時間。


時は金なり。


これだと、お金の方が時間より優位な感じ。


自分の中では、時間の方が価値が高い気がしているんだけど、まあ、どっちでもいいか。


お金も欲しいし、時間も欲しい。欲張りだね。


でも、どちらも生きて行くうえで大切。


そして、この両者の使い方は関連性が高い。


例外はあるだろうけどもさ。


この本を読んで、改めて、お金と時間の使い方を見直そうかなと思った。



『お金が貯まる人はなぜ時間の使い方がうまいのか/田口智隆 著』




(引用)

どうせ支払わなければならないお金なら、相手に対する敬意と感謝の気持ちを込めて先払いできるようやりくりしておこう。


お金は相手に対する敬意と感謝。


この気持ちを自然と持てるモノやヒトに、お金を使いたい。


なるべく。


ただ、これがなかなか難しい。


100円ショップ。コンビニ。便利だし、利用してる。


まあ、それで生活するための収入を得られる人もいるし。


でもなるべく、自分が本当にいいなと思ったモノをつくるヒトにお金を使いたいな。と思う。


(引用)

お金は「何のために稼ぐのか」ということを、頭の片隅に置いておこう。


欲しい物を買ったり、旅行に行ったり。


人によってそれぞれだと思うけど、たくさん稼ぎたいからと、仕事に時間を費やしすぎては、本末転倒。


仕事はサッとやって、しっかり遊ぶ。


ま、そんな簡単な話じゃないけど、理想ね。


(引用)

貯まったお金を一緒に楽しんでくれる人こそが、人生にとって必要なのだ。


うん。これを大事にしたいな。


大切な人と一緒に人生を楽しむために、お金を貯める。使う。


忘れずに意識していきたいと思う。