ポッさんの読書散歩

読書はきっかけ。そして動きだす。日常とつながる読書日記。ときどき雑記。

確定申告。節税。《フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました/きたみりゅうじ》

ども、digbookです。


確定申告の時期が近づいてきた。


毎年この時期になると、なんとなく月毎に分けておいた領収書やレシートをごそごそと。


ダメね、毎日帳簿をつける習慣を身につけないと。


にしても、この確定申告。なんか難しいし、面倒。なんて思ってた。


でも、この本を読んだら、少し楽になった気がする。


著者と税理士さんの対話形式で、読みやすいし、わかりやすいし。


疑問に思ってたことも解決できた。


少し古い本だけど、基本は変わらないからね。


フリーランスになって、初めての確定申告、なんて人も、とりあえずこの本を読んでみたらいいと思う。


『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。/きたみりゅうじ 著』



(引用)

領収書ってのは政府からのキャッシュバックしてもらえる金券みたいなものなんですよ。


そうだよなぁ。領収書いりません、なんて言えないね。


領収書は大事。ふむ。


じゃレシートってどうなの?


(引用)

じつは税務署さん的には、むしろレシートのほうがよいのです。


へー。そうなのね。


細かい品目までチェック出来るからだって。


なるほど。


でも高額な場合は、ちゃんと領収書もらえってさ。レシートだと、自分が払ったっていう証明にならないから。


意外と曖昧なとこだったからスッキリ。


あと、勘定科目ね。どれがどれ?って。


(引用)

所得税なんか税額にずれがなきゃそれ以外どうでもいいんだから、そんな『経費がどこの科目に入ってる』だとか、そんなんぜんぜん問題じゃないんですよ。


そりゃそうか。


うーん。難しく考えすぎてたのかね。


ま、なんだか、少し楽に出来そうな気がしてきたし、読んで良かったな。


面倒には変わらないけど(笑)


まず払うもんは払っとくかー。