ポッさんの読書散歩

読書はきっかけ。そして動きだす。日常とつながる読書日記。ときどき雑記。

《すぐやる脳のつくり方/茂木健一郎》

ども、digbookです。


また脳に関する本を読んだ↓


『すぐやる脳のつくり方/茂木健一郎 著』



(引用)

どうやって感性を磨けばいいのか。実はそれほど難しいことではありません。とにかく「好き嫌いを大切にする」ということです。


自分は、それが好きなのか嫌いなのか。やりたいのか、やりたくないのか。



これを大事にしたい。とは、常々思っている。


とはいえ、ふわふわ周りに流されることもやはりある。


というか、流されやすい人間だからこそ、意識しなければいけないのかな。



うーん。好き嫌いか。



あ。ポジティブな自分。嫌い。なんか自分の都合のいいように物事を捉えてしまうところ。嫌い。


ん。ネガティブか?笑


よくわからないけど、ネガティブ思考って大事だと思う。


ネガティブ思考。


リスクに向き合う資質。自分はこれが足りないと感じる。


(引用)

案外、ネガティブ思考で危機に敏感な人ほど、いざとなれば果敢に大きな決断をすることも多いものです。


そんな気がするもん。


普段ポジティブに逃げてるから、いざという時ダメなんだよね。


んー。


ま、いっか。


ひとつ自分を褒めよう。


(引用)

できる人ほど仕事と遊びの区別がないようです。


区別ない。ダメなことかもしれないと思ってた。


そうか。実はできる人だったんだ。よしよし。



あー。結局ポジティブ。